漁具のことや出港から出荷までの主な作業を紹介します。

漁具・漁法

キンメ立縄漁の概要

キンメ立縄漁の概要

出港

夜明け前の暗いうち(2時~4時)に出港します。

出港前の様子

出港前の様子

漁場に到着

出港から約2時間後に漁場へ到着。魚群探知機の反応を見ながら、投縄場所を探索します。
多くの船が操業しているので、安全に気を配りながら陣取り合戦をしています。

投縄

日の出とともに魚群の真上に漁具が落ちるように、潮上から投入します。釣針の数は朝一番の投入時には、150本まで、2回目以降は、50本までと決めています。
操業時間は4時間に制限しています。

投縄の様子

投縄の様子

揚縄

電動式巻き上げ機で縄を上げた後、手作業で一匹ずつ丁寧にキンメダイを取り込みます。

揚縄作業の様子

揚縄作業の様子

船上での保管

釣り上げ直後に保冷性の高いクーラーボックスや魚倉にキンメダイを保管します。
鮮度を保ち、魚体を綺麗な赤色に発色させるようにしています。

釣り上げ直後の保管状態

釣り上げ直後の保管状態

徹底した品質管理のページへ

市場での選別、保管、出荷

陸揚げしたキンメダイは重量で選別され、保冷性の高い容器内で保管されます。そして、700g以上のものは『外房つりきんめ鯛』として扱われます。
地元の仲買人に入札されたキンメダイは豊洲などの消費地市場や地元のスーパーなどへ出荷されます。

  • 市場における選別の様子
  • 保冷性の高い容器
徹底した品質管理のページへ